お肌の豆知識

美容、ダイエット、髪、生活のまめ知識をお届けします





髪の傷みをケアする方法


髪を傷める原因とは

①ヘアカラー


ヘアカラーは髪の表面に負担がかかります。髪を傷める成分とジアミン等(環境ホルモン)など身体を壊す成分が髪を傷める原因です。





②パーマ


パーマ剤に含まれるアルカリ剤、還元剤が髪の組織を分解して再結合させるものなので、

表面を覆うキューティクルをはがし、髪の内部まで浸透しダメージを与えてしまいます。



パーマとカラーリングを同時にする方がいますが、髪へのダメージを考えると、避けたほうがよいです。2週間以上、空けるのが望ましいです。



③ドライヤー


傷んだ髪は過度に乾燥が進み、切れ毛やパサツキになります。






【対策】

・なるべく早く乾かす。
(濡れた状態の髪はキューティクルが開いて傷みやすくなっているので、そのまま放置しない)
・8割程度乾かせば大丈夫。
(乾かしすぎによる「オーバードライ」が原因。残った余熱でも髪は乾きます。)

④紫外線


髪も肌と同じように日焼けをしてしまいます。

乾燥によって髪がダメージを受け、キューティクルが広がってしまい、ツヤがなくなり、パサつきや切れ毛、枝毛などのダメージが発生します。






【対策】

・帽子や日傘などを使って日差しをカットする。
・髪に使える市販の日焼け止めスプレーを使用する。


髪のダメージをケアするには?

①トリートメント


痛んだ頭髪に染み込み、内部から補修、表面をコーティングして保護する働きがあります。
毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給することができます。

②頭皮マッサージ(ヘッドスパ)


頭皮が健康だと髪は美しく丈夫に育つため、傷んだ頭皮をケアが効果的です。
ヘッドスパなどで、頭皮の汚れを一掃するのもオススメです。

シャンプーしながら、ヘッドスパ

シャンプーしながら、かっさヘッドスパ。硬めのかっさブラシで力強く頭皮を動かし、気分がほぐれるようなヘッドスパイタ気持ちよい実感とともに、頭皮をすっきりと洗い上げます

「ナノイー」&ミネラルプラチナが髪に浸透

地肌にうるおい&皮脂を低減させ、健やかな地肌へ、温冷リズムモードでツヤ感保つ髪&地肌に心地よい刺激

ページの先頭へ

[人気のアイテム]