美容、ダイエット、髪、生活のまめ知識をお届けします




寝る子は髪も育つ??


髪の毛と睡眠時間は密接に関係しています。

育毛していく上で、どのような睡眠の取り方をするのかは非常に大切。
髪の毛を増やしたいのであれば「眠り」に関してもしっかりと考え、行動する必要があります。

ここではどのような睡眠が育毛に良いのか、その方法についてご紹介します。

髪の毛や頭皮は軽視されがち

人が生命を維持する上で睡眠は欠かせません。

人は寝ることによって生命活動に必要なるエネルギーを溜め込みます。
睡眠不足が慢性化してしまうと、エネルギーの代謝がうまくいかなくなり、体にもよくありません。

こういった状態が続くと、生命活動を維持する上で、重要ではない頭皮や髪の毛に対するエネルギー分配が少なくなってしまいます。エネルギーが少なくなると、頭皮環境が悪化し、発毛不良となってしまう為、抜け毛や薄毛の原因となってしまうのです。

普段、私たちが生活している時にも髪の毛には様々なダメージを蓄積しています。ホコリなどを始め紫外線や温度・湿度の差なども髪の毛のダメージとなります。

これら蓄積したダメージは睡眠時に回復するため、しっかりとした睡眠習慣は髪の毛にとっても大切なのです。

いつ寝るのがベストか?

育毛に良いと言われるのは、夜の10時から深夜2時の間に睡眠を取ることです。

しかし現実問題仕事や家のことをしているとなると、夜10時に寝るのは簡単なことではありません。出来るだけこの時間に睡眠を取るように、最悪でも12時に就寝するような習慣を身につけましょう。

髪の毛が成長するためには、成長ホルモンが重要だと言われています。

髪の毛はタンパク質が主成分であり、80%〜90%を占めています。タンパク質の合成には成長ホルモンが必須であり、強い髪の毛を作る為には成長ホルモンが欠かせません。成長ホルモンが最も分泌されるのが夜の10時から深夜2時。こういった理由から、育毛する上では寝る時間に拘る方が良いと言われているのです。

寝る時間を習慣づけることも大切

いくら夜10時から深夜2時の間に寝たとしても睡眠時間にバラツキがあるのはあまり良くありません。

出来れば毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるような習慣を身につけていた方が、成長ホルモンを分泌するのにも効果的です。

育毛する上では睡眠習慣を見直しましょう。
寝る時間やその習慣に拘ることは、髪の毛だけでなく体にも良いことなので、出来るだけ考えて睡眠を確保するようにしましょう。



シャンプーしながら、ヘッドスパ

o0500033211393050920.jpg

シャンプーしながら、かっさヘッドスパ。硬めのかっさブラシで力強く頭皮を動かし、気分がほぐれるようなヘッドスパイタ気持ちよい実感とともに、頭皮をすっきりと洗い上げます

「ナノイー」&ミネラルプラチナが髪に浸透

head002.jpg

地肌にうるおい&皮脂を低減させ、健やかな地肌へ、温冷リズムモードでツヤ感保つ髪&地肌に心地よい刺激

ページの先頭へ

[人気のアイテム]