美容、ダイエット、髪、生活のまめ知識をお届けします




自然乾燥は髪に良くない!

みなさんは夜、お風呂に入った後、ちゃんとドライヤーで髪を乾かしていますか?

んっ?
髪に熱を与えると痛むから良くない??

…本当はそれ間違ってます!
薄毛予防をする上で「自然乾燥」はNG!!

お風呂に入り、髪を洗った後はすぐに髪を乾かした方がいいんです。

では、今回は「ドライヤーでしっかり髪を乾かした方が良い理由」をお伝えします。

理由1 キューティクル

ドライヤーでしっかり乾かした方が良い理由の1つとして、「キューティクル」が挙げられます。

キューティクル…。
なんとなく聞いたことはありますよね?

キューティクルは髪全体を覆っており、髪のツヤやハリを保っているものです。
これが整っていることが、髪の健康状態を表す指標となります!

また、キューティクルには髪にある水分を保つ効果もあります。
そのため、キューティクルが壊れると髪は水分を保てなくなります…。


では、そのキューティクルを保つために、なぜドライヤーが必要なのか?

それは、キューティクルが最も壊れやすいのは、髪が濡れている時だからです。
髪が濡れたまま寝てしまうと、余計に傷んでしまいます。

さらに、キューティクルは1回壊れてしまうと、元には戻らないので絶対にドライヤーで乾かすようにしましょう。

理由2 菌の繁殖

菌は、湿り気がある所・皮脂がたくさんある所で繁殖しやすいと言われています。

髪が濡れている状態なので、湿気は当たり前ですが、洗髪後は皮脂の分泌が多くなっています。
その理由としては、洗髪によって頭皮は皮脂が少ない状態となります。
頭皮の皮脂が少ないと、通常時以上に皮脂が分泌されるのです。

そのため、洗髪後、髪が濡れた状態というのは、菌がとても繁殖しやすい状態にあると言えるのです。

ちなみに菌の繁殖は、かゆみやフケを引き起こすといわれています。

正しい乾かし方

では、どのように髪を乾かした方が良いのか。

まずは、タオルドライが重要となります。
髪は乾かした方が良いとはいえ、やはり熱に弱いのは事実です…。

そのため、しっかりとタオルで水分をふきとることで、ドライヤーの時間を少なくすることが出来ます。


またドライヤー時に注意しなければいけない点としては、
・髪の毛は完璧に乾かす必要はありません。8割乾かせば、後は余熱でOK。
・髪から20センチ以上離す。同じ場所に当て続けない。
などを守る必要があります。

有名女性誌掲載!《皮膚科のドクターが開発した医薬部外品の薬用スカルプシャンプー》 【初回限定 500円】約80%OFF!キャンペーン実施中! ドクターボーテムシャンプー

ノンシリコンの トリートメント

1210213top.jpg

髪と頭皮のことを知り尽くしたプロのスタイリスト達が集まり、開発された最高のアミノ酸系ノンシリコントリートメント

「ナノイー」&ミネラルプラチナが髪に浸透

head002.jpg

地肌にうるおい&皮脂を低減させ、健やかな地肌へ、温冷リズムモードでツヤ感保つ髪&地肌に心地よい刺激

ページの先頭へ

[人気のアイテム]